自分で勝手に食事内容を決めずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。

食事によって獲得したたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。

血液は腎臓の内部で分離され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。

たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓にもたらす負担が増加します。

腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。

とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。

腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病を極力進行させない事と、健康状態の維持になります。

透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法次第で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を始める時期を遅くしていけます。

実際に透析が必要となってからも、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は大きな意味を持ちます。

人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。

体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担を与えてしまいます。

ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。

体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。

甘いものと言えど思った以上に多量のたんぱく質が入っています。

お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。

例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個程のたんぱく質が含有されています。


腎臓病から健康になった夫婦

ページの先頭へ