腎臓病の人のために低たんぱく質・減塩の食事宅配サービス

腎臓病の妻と食事をする夫腎臓病を患っている方の食事はとても手間がかかりご家族にも負担が増えてしまいがちです。通販で自宅に届く、腎臓病の人のために低たんぱく質・減塩に考慮した宅配冷凍弁当があります。これらを宅食サービスを賢く活用するのが腎臓病の食事療法を長続きさせるコツです。

腎臓病食事療法のいちばん難しい点は、
たんぱく質量を減らし過ぎて、1日の総エネルギー量も減ってしまうことです。

厳しく食事を管理する必要がありますが、食事内容は自己流で判断せずに医師や栄養士の指導を受けて決めるか、しっかりと腎臓病の食事に合わせた宅配弁当などを利用するのがベストです。

腎臓病の食事・料理の面倒なポイント

  • たんぱく質やカリウム、塩分を計算するのがむずかしい
  • ひとり暮らしなので料理をしない
  • 腎臓病制限食は献立が少なく飽きてしまう
  • 見た目の悪い料理しか作れない

以上のポイントで
お困りの方は腎臓病食事の宅配冷凍弁当をおすすめします!

制限食の宅配食事サービスのランキングはページ下部にございます。

クリックorタッチでランキングに移動

腎臓とは?

腎臓は血液を濾過して老廃物や塩分を尿として体外へ排出してくれます。 また、体に必須な成分は再吸収し、体内に残す働きをしています。腎臓の調子が下がると尿が止まり、老廃物などが体に蓄積し尿毒症に発症します。

腎臓は血圧調整しています

腎臓は、主に塩分と水分の量をコントロールして血圧を調整しています。血圧が高い場合は、塩分と水分の排泄量を上昇させることで血圧を下げ、血圧が低い場合は、塩分と水分の排泄量を低下させることで血圧を上昇させます。また、腎臓は血圧を持続するホルモンを分泌し、血圧が低い場合に血圧を上げます。

腎臓と血圧は直接的に関わり、腎臓の働きの低下によって高血圧になることもあります。また、高血圧症は腎臓に負荷をかけ、腎臓の機能を不調にさせることもあります。

腎臓は血液ほか体液量を調節する

血液(赤血球)は骨髄の中にある細胞が、腎臓から出るホルモン(エリスロポエチン)の刺激されて生成されます。腎臓の調子が下がると、エリスロポエチンが出ないため、血液がきちんと生成されず貧血になります。腎臓は体内の体液の量やイオンバランスを抑制したり、体に必須なミネラルを体内に摂り入れる機能も行っています。

腎臓の調子が下がると体液の量の加減がうまく機能しないため、体のむくみの原因になります。 また、イオンバランスが崩れると、疲労やめまいなど、体にさまざまな変調が起こることがあります。

慢性腎臓病(CKD)は早期発見が大切

最初のうちは自覚症状がほとんどなく、健康診断の結果や症状が進んでから気づく方もいます。腎臓の機能が低下し、老廃物や水分などの排出・制御が不調になると、脳卒中や心筋梗塞など心疾患や脳血管疾患が起こりやすくなります。

また、症状が進むと腎臓の機能を代替する人工透析や腎臓移植などの治療が実施されます。慢性腎臓病(CKD)の方は健康な方と比べるt、10倍以上の確率で人工透析が必要なりやすく、心疾患や脳血管疾患などで生命を危険にさらすリスクが2倍以上になると言われているので、早期発見・早期治療が大切です。

慢性腎臓病(CKD)が進んでしまうと

慢性腎臓病(CKD)があると、脳卒中や心筋梗塞など心血管病発症のリスクが非常に高くなります。加えて、慢性腎臓病が進行して腎不全になると体内から老廃物を排出できなくなり、最悪の場合には人工透析や腎臓移植になります。

腎臓は病気がある程度まで悪くなってしまうと、もとの正常な状態に回復しません。食生活の改善や薬物による治療により腎臓病の進行を遅延希望が持てます。継続的に健康診断を受け、慢性腎臓病(CKD)の早期発見と予防に努めることが肝心です。

腎不全とは

腎臓がしっかりと機能しなくなった状態を腎不全と呼びます。腎不全になると食事や水分を制限しなければなりません。加えて、腎臓の機能が低下すると腎機能を代替する治療(人工透析や腎臓移植)を受けなければならず、日々の生活に甚大な影響を与なります。

透析療法とは

透析療法では腎臓の代わりに、人工的に体内の老廃物や剰余な水分を排除して、体内のイオンバランスを制御します。透析療法には血液透析と腹膜透析の2種類があります。どちらを選ぶかは医師の診断により判断します。いずれの方法でも腎臓の働きを100%代替することはできないので、日々の食事などは注意が大切になってきます。

慢性腎臓病(CKD)の食事療法

慢性腎臓病(CKD)患者さんが日々の食事で気配りすべきことは、腎臓病の進み具合や年齢・性別・食生活環境によって変わってきます。かかりつけの病院に相談して医師や管理栄養士の指導を受け、病期にあった食事をしましょう!

慢性腎臓病(CKD)の病期による食事療法の注意点

慢性腎臓病(CKD)ステージ1~2

  • 減塩する。食塩摂取量の基本は、3g/日以上6g/日未満です。
  • 食事の量とバランスに注意し、肥満に気をつけましょう。
  • 1日のエネルギー必要量の目安 25~35kcal×標準体重(kg)
  • たんぱく質は過剰な摂取をしないように気をつけましょう。
  • 1.3g/標準体重(kg)/日を越えてはいけません。

慢性腎臓病(CKD)ステージ3~5

  • たんぱく質の制限
    たんぱく質は、体を作るもとになる大事な栄養素ですが、腎臓に負担がかかる“燃えかす”がでるので、必要以上に摂らないように制限する必要があります。
  • 塩分の制限
    塩分を摂取し過ぎると体に水分がたまり、血圧が上昇したりむくみが出たりします。高血圧になると腎臓に負担がかかりますので、塩分の取り過ぎに注意する必要があります。食塩摂取量の目安は3g/日以上6g/日未満です。
  • 必要なエネルギーの補給
    エネルギー不足の状態では、栄養が不足したり、たんぱく質がエネルギーとして使われ、腎臓に有害なクレアチニンが増えます。1日のエネルギー必要量の目安 25~35kcal×標準体重(kg)
  • カリウムの制限
    ステージによって、摂取を制限する必要です。制限の目安は、ステージG3bでは2,000mg/日以下、G4~G5では1,500mg/日以下ですが、飲んでいる薬や症状などで変わってくるので、医師や管理栄養士の指導を受けるようにしましょう。
  • リン・水分の制限
    病気の症状にあわせて、摂取を制限する必要があります。

たんぱく質制限をコントロールするには

  • 主菜はボリューム感を大切に小さな皿にたくさん盛る
    骨付きや殻つきで盛り付けたり、スライス肉や魚はイモなどの野菜を芯にして巻いて焼いたり、衣をつけて揚げるなど、ボリューム感を出す。
  • 特殊調整食品を利用する
    たんぱく質の量を普通の1/10~1/20に減らした米やレトルトごはん、麺類、パン、でんぷん製品(春雨など)を利用すると手間がかかりません。

塩分制限をコントロールするには

腎臓の働きが低下した状態では、塩分の排出機能が低下しています。その結果、塩分を増えると血圧が上昇し、体はむくみ腎臓に過度な負荷をかけてしまいます。高血圧の方や慢性腎臓病の方は、1日あたりの塩分の摂取量は6g未満が原則ですが、食事制限は個人差があるので必ず医師に指導を仰いで下さい。

エネルギーをコントロールするには

腎臓の機能低下を防ぐためにたんぱく質量を減らすと、途端に取り込むエネルギー量が減ってしまいます。必要なエネルギーを、糖質・脂質で補充しなければエネルギーを生成するために体のたんぱく質が分解されることになります。その際は食事をしていなくても、尿素・窒素などの老廃物が排出されて腎臓へ負荷が増してしまいます。

効率の良くエネルギーを補うには、たんぱく質の含まれていない砂糖・でんぷんを料理に使い、菓子はタンパク質の少ないものを選び、穀物・小豆・牛乳・卵などを含まないものにしてください。

油脂類は少量でも高エネルギーなので、天ぷらやフライなどの揚げ物、炒め物などを積極的に取り入れてください。

カリウムの制限コントロールするには

  • 果物
    基本的にどれもカリウムがたくさん含まれているので食べないようにしましょう。
  • 野菜
    イモ類全般カリウムが多いです。里いも・サツマイモ・ジャガイモ・山イモなどは食べないようにしましょう。
  • 肉・魚類
    全般的にカリウムが多く含まれます。食べる量を減らすしかありません。
  • 大豆類
    納豆、枝豆、きなこ、煮豆類を食べないようにしましょう。豆腐、油揚げなどは比較的カリウムが少ない。
  • 海藻類
    昆布、ひじきなどにカリウム多く含まれます。なるべく食べないようにしましょう。
  • 菓子類
    ポテトチップスなどイモ系のお菓子、チョコレートなどは食べないようにしましょう。
  • 飲料類
    トマトジュース・野菜ジュース・牛乳・豆乳・日本茶・インスタントコーヒーはカリウムが多いので飲まないようにしましょう。

腎臓病食の食宅

食事制限の難しさを解決できる方法は?

腎臓病の制限食を調理するには、たんぱく質と塩分の制限に併せて、カロリーのコントロール必要になってきます。そして、主治医から、厳正なたんぱく質・塩分・カロリーの数値を計量しての調理を指導されているはずです。

指示された数値を厳守しながら、栄養のバランスに配慮した調理は、未経験の方にはとても手間と時間がかかる作業です。且つ、家族とは別に作らなければいけないなど食事作りを負担に感じる方も多数いらっしゃるはずです。

そんな時は、栄養管理がしっかりとされた宅食サービスをおすすめします。ご自分で制限食を作る負担を軽くし、体にも安全で安心できる食事をお召し上がりいただけます。宅食サービスを利用することで、食事の量や味付けについて、ほぼ目安が理解できるようになり、ご自分で調理する場合の参考にもなります。

宅食サービスを選ぶ場合は、たんぱく質・塩分・カリウム・カロリーの量を、主治医から指示されている通りに、調節がしてある冷凍宅配弁当を作れる宅食サービスを選んでください。そして、いくつかの宅食サービスの冷凍宅配弁当を食べ比べてみて、ご自分に合ったお弁当を用意してくれる宅食サービスを最終的に選びましょう。



腎臓病食事の宅配サービスランキング

  1. ウェルネスダイニング

    ウェルネスダイニング


    腎臓病の患者の方の調理を自分でまたはご家族の方がするのは、とても大変です。そんな腎臓病の患者の方の調理の煩わしさを解消するのがウェルネスダイニングの冷凍宅配弁当です!

    ウェルネスダイニングのいち押しポイントは
    • 管理栄養士が栄養成分に配慮した冷凍宅配弁当
    • 肉魚野菜のバランスの取れた献立
    • 冷凍弁当なので日持ちが長く(3ヶ月以上)管理がラク
    • 料理がすべて1パックに盛られているので温めがラク
    • 毎日変わる多彩なメニューで楽しく食べられる
    • 毎月美味しい新メニューを追加
    • 塩分を抑えてもダシや香辛料でしっかり味付け
    • 国内工場でひとつひとつ手作りし急速冷凍
    • 異物混入検査・細菌検査を毎日行い安全

    「健康」や「食べやすさ」への心配りは当たり前、ウェルネスダイニングが腎臓病食事宅配弁当で本当に大事にしているのは「食事の時の楽しみ」です。

    たんぱく質・塩分・カロリーの量や数値を検討し、管理栄養士が監修したバラエティー豊富なおかずを、食べたい時に必要な分量お召し上がりいただける、ユーザビリティに富んだ冷凍宅配弁当をお待たせせずにお届けいたします。

    たんぱく&塩分制限気配り宅配食 
    たんぱく質10g以下・塩分2.0g以下・カリウム500mg以下・カロリー300kcal以上
    7食セット¥5,184 14食セット¥10,152 21食セット¥15,012(全て税込)
    初回購入は送料無料   

    塩分制限気配り宅配食
    塩分2.0g以下・カロリー300kcal以下
    7食セット¥4,860 14食セット¥9,504 21食セット¥14,040(全て税込)
    初回購入は送料無料   

      

    魚沼産コシヒカリの1/10たんぱくレトルトごはん
      30食¥7,344(税込)送料¥500

       ウェルネスダイニング
    会社名:ウェルネスダイニング株式会社
    本社所在地:東京都江東区亀戸1-5-7-2F
    電話番号:0120-503-999
      
    ウェルネスダイニングの腎臓病食事宅配冷凍弁当




  2. 手軽・美味・安心の宅配弁当「彩ダイニング」

    彩ダイニング


    彩ダイニングの腎臓病食事宅配サービスは何と言っても味が良いのがポイントで腎臓病食・制限食・病院食によく見られる「柔らかすぎる食感」を受けることはありません。

    食材本来の味や・歯ごたえをきちんと感じることができる多彩なメニューが魅力です。彩ダイニングには制限する栄養成分によって2つのコースが用意されています。

    カロリーと塩分を抑えたコースとたんぱく質・塩分調整コースです。たんぱく質と塩分両方を抑えた腎臓病の患者の方向けのコースは、カリウム・リン・カロリーもしっかりと計算された腎臓病冷凍宅配弁当です。

    彩ダイニングのいち押しポイントは
    • 主菜1品+副菜3品とボリューム満点
    • 毎日食べても飽きない美味しさ
    • 好きなメニューを自由に選べる
    • 腎臓病宅配食は¥680~
    • 1日3回食べたとしてもたんぱく質30g以下

    腎臓病制限食でも好みの食べ物をチョイスしたい。そんなあなたでも安くて安心できるのが彩ダイニングです。送料は7食以上でずっと無料です。送料700円掛かってしまいますが、1食から注文可能なのであなたのお好きな冷凍宅配弁当が注文できます。

    たんぱく質・塩分調整コース 
    たんぱく質10g以下・塩分2.0g以下・カリウム500mg以下・リン170mg以下・カロリー310kcal以上
    7食セット¥4,760 定期便7食セット¥4,760 定期便10食セット¥6,800(全て税込)
    冷凍宅配弁当7個以上購入で送料無料・代引き可

    彩ダイニング
    会社名:株式会社シニアライフクリエイト
    本社所在地:東京都港区三田3-12-14-6F
    電話番号:0120-017-814
    彩ダイニングの腎臓病食事宅配冷凍弁当




  3. 食宅便

    食宅便

    食宅便

    食宅便を活用する事によって、日々の食事の献立を考える手間が省けるので制限食の食事を楽しめます。冷凍宅配弁当でありながら、たんぱく質や塩分が計算された腎臓に負担がかからない食事が可能になります。

    食宅便の冷凍宅配弁当は、野菜そのものの味やだしでしっかりと味付けをしてあるので、塩分量を制限してあってもおいしく食事する事ができます。

    食宅便のいち押しポイントは
    • 日清医療食品は病院・福祉施設への食事サービス実績No.1
    • 主菜を含め約20種類の食材を使った5品のおかずで構成
    • 1食あたりタンパク質量を約13g以下
    • 腎臓病宅配食は7食¥4,340(税込)
    • 品数が多いので無理なく食事療法が続けられる
    • ポイントが貯められる

    食宅便はメインの主菜を合わせて合計で5種類のおかずが盛り込まれています。1食あたり3〜4品という腎臓病食事宅配サービスが多い中で、食宅便の冷凍宅配弁当は「たくさんの種類のおかずを食べたい」という方にはピッタリです。いずれのおかずもきちんと味付けされており、煮物はしっかりとした素材のダシが効いています。

    たんぱくケアコース 
    たんぱく質13g以下・塩分2.0g以下・カリウム500mg以下・リン270mg以下
    7食セット¥4,340 定期便7食セット¥4,340 (全て税込)
    冷凍宅配弁当は送料無料・代引き可

    食卓便
    会社名:日清医療食品株式会社
    本社所在地:東京都千代田区丸の内2-7-3-20F
    電話番号:03-3287-3611
    食宅便の腎臓病食事宅配冷凍弁当

    食宅便


腎臓病から健康になった夫婦

ページの先頭へ